« NetJan設計 デバッグ用処理 | トップページ | NetJan設計 ui - 牌表示座標計算2 »

NetJan設計 ui - 牌表示座標計算1

牌の表示位置については、ボードのサイズに応じて柔軟に調整できるようにする。

牌は重なって表示された場合に、立体部分を表示しないほうが自然なので、その場合は立体の一部を除いて表示する。下記が立体部分を全て表示した例と、一部重ねた表示の例。
Rittai_3   Kasane

|

« NetJan設計 デバッグ用処理 | トップページ | NetJan設計 ui - 牌表示座標計算2 »

麻雀ゲーム作成」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/440382/27809647

この記事へのトラックバック一覧です: NetJan設計 ui - 牌表示座標計算1:

« NetJan設計 デバッグ用処理 | トップページ | NetJan設計 ui - 牌表示座標計算2 »