« NetJan設計 設計方針 追加 | トップページ | NetJan設計 Com - 上がり判定処理構成 »

NetJan設計 Com - 上がり判定

次は上がり判定について。

上がり判定メソッドはCom_Winに持たせる。 上がり種別には3種類ある。

  • 流局

これも上がりの一種として処理するようにする。 残り山牌が14枚であれば、即成立するので、まず流局かどうかを確認する。

  • ツモ上がり

1人のプレイヤーが14個の牌を持っている状態でCom_Winコマンドを送信する事になる。 

Agari_tumo

  • ロン上がり

捨て牌されたタイミングで、他家プレイヤーがCom_Winコマンドを送信する事になる。

Agari_ron

2番目と3番目のケースで上がり判定メソッドを共有できるようにするため、14枚目の牌を内部的に”上がり牌”として認識しつつ、それ以外の組合せパターン判定ロジックにおいては14牌をソートした状態で判断処理を行う。

|

« NetJan設計 設計方針 追加 | トップページ | NetJan設計 Com - 上がり判定処理構成 »

麻雀ゲーム作成」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/440382/27429998

この記事へのトラックバック一覧です: NetJan設計 Com - 上がり判定:

« NetJan設計 設計方針 追加 | トップページ | NetJan設計 Com - 上がり判定処理構成 »