« NetJan設計 Com - 上がり判定 - 組合せパターン検索7 | トップページ | NetJan設計 Com - 上がり判定 - 役判定2 »

NetJan設計 Com - 上がり判定 - 役判定1

成立した各パターンに対して、役の判定をしていく。 判定のためには、成立パターン以外に、下記の情報が必要となる。

  • ドラ
  • リーチ
  • 上がり牌種別
  • ツモ/ロン
  • 海底

ModelScoreHolder の一部のメンバを使用して、最大点数になる役を保持する。 上がり牌種別 のデータを複数個持っている場合、1つの成立パターンで2つ以上の点数計算結果を出す必要があるケースがある。
例えば、③.重複成立パターン削除 の結果、2つに絞られた成立パターンを
入力とした場合を考える。 この時、上がり牌種別が”4”であった場合、1つの成立パターンにつき、2つの計算結果を出す必要がある。 対子の一部が上がり牌だったら単騎待ちの2符が付くが、平和の役は付かない、等の違いが発生のが理由。

Yaku1

仮に上記4つのパターンでの得点計算結果が下記のように異なる場合、最も高い点数が採用され、このプロセスの出力としてはこの1パターンに絞られる。

|

« NetJan設計 Com - 上がり判定 - 組合せパターン検索7 | トップページ | NetJan設計 Com - 上がり判定 - 役判定2 »

麻雀ゲーム作成」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/440382/27643780

この記事へのトラックバック一覧です: NetJan設計 Com - 上がり判定 - 役判定1:

« NetJan設計 Com - 上がり判定 - 組合せパターン検索7 | トップページ | NetJan設計 Com - 上がり判定 - 役判定2 »