« サーバ構築 mydnsのアクセス確認 | トップページ | サーバ構築 TortoiseSvnのインストール »

サーバ構築 subversionの設定

次はLinuxサーバ(Fedora)Subversionの設定を行っていく。 

  • /var/www/svn/repo を作成
  • chown toshiki:toshiki repo で、ディレクトリのオーナをtoshikiに変更
  • /etc/xinetd.d の下に、svnserveを作成し、下記の内容を記載。 当然、user, server, server_argsは環境に合わせる必要あり。 only_fromの192.168.11.0の部分も、自分の自宅内ネットのサブネットに合わせてる

------------------------------------------------
service svnserve
{
disable = no
socket_type = stream
wait = no
user = toshiki
server = /usr/bin/svnserve
server_args = -i -r /var/www/svn/repo
log_on_failure += USERID
only_from = 192.168.11.0/24 127.0.0.1
}
------------------------------------------------

  • 同フォルダ内にcvsというファイルがあるが、これはcvsを使ってたころのものなので、削除する。
  • /etc/services に下記を追加する

------------------------------------------------
svnserve 3690/tcp # Subversion
svnserve 3690/udp # Subversion
------------------------------------------------

  • 同ファイル内に、cvs、svnで始まる行があれば、それらを削除しておく。 片方はcvsを使ってた頃のもの、svnはFedoraインストール時点で入ってるみたい。
  • 下記命令にて、svnのパケットを受け付けるようにする

------------------------------------------------
iptables -I RH-Firewall-1-INPUT -p tcp -m tcp --dport 3690 -j ACCEPT
iptables -I RH-Firewall-1-INPUT -p udp -m udp --dport 3690 -j ACCEPT
------------------------------------------------

  • cvs用のパケットを受け付けるようになっているものは、削除する

------------------------------------------------
iptables -D RH-Firewall-1-INPUT -p tcp -m tcp --dport 2401 -j ACCEPT
iptables -D RH-Firewall-1-INPUT -p udp -m udp --dport 2401 -j ACCEPT
------------------------------------------------

  • iptables --listでパケット受け付けの追加と削除が反映されているか確認する
  • /etc/hosts.allow ファイルに、”svnserve : 192.168.11. 127.0.0.1”を追加する。
  • xinetdにsvnserveを認識させる。 まずは、chkconfig --list で現状確認。
  • もしsvnserveが無いなら、下記にて追加作業

------------------------------------------------
chkconfig --add svnserve
service xinetd restart
------------------------------------------------

  • 上記で設定したアクセス権のあるユーザにて、 telnet localhost 3690 でsvnserveの動作確認。 ”Connected to ”と出れば接続成功!

  • 次に、アクセスするユーザの登録を行う
  • 作成したリポジトリ用のディレクトリ (/var/www/svn/repo) の下に、リポジトリを作成  ”svnadmin create test”で、今回はtestという名前のリポジトリを作成。
  • testディレクトリが作成され、この中のsvnserve.confとpasswdを編集する
  • svnserve.confについては、下記のようにする

------------------------------------------------
anon-access = none # Anonymous(匿名)ユーザのアクセスを許可しない
auth-access = write # 認証済みユーザには書き込み権限を与える
password-db = passwd # パスワードファイルをpasswdとする
realm = sample repository # リポジトリの説明(適当でOK)
------------------------------------------------

  • passwd については、下記のようにユーザ=パスワード の形式。 登録したいユーザの数だけ、行追加する事。 

------------------------------------------------
[users]
toshiki=★非公開009★
------------------------------------------------

ここまでで、設定作業は完了。

■■■■■■■ 参考 ■■■■■■■
できるPRO Fedora 8 Linux (DVD付)
その場でつかえるしっかり学べるUML2.0
元祖 デザインパターン
独習Java
入門Subversion
■■■■■■■■■■■■■■■■■

次回はノートPCからのアクセスについて

|

« サーバ構築 mydnsのアクセス確認 | トップページ | サーバ構築 TortoiseSvnのインストール »

麻雀ゲーム作成」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/440382/26713324

この記事へのトラックバック一覧です: サーバ構築 subversionの設定:

« サーバ構築 mydnsのアクセス確認 | トップページ | サーバ構築 TortoiseSvnのインストール »