« NetJan設計 Modelデータ構成 | トップページ | NetJan設計 Model-識別概念-gpos(ゲームポジション) »

NetJan設計 Model-プレーヤー識別概念について

麻雀は4人で行うゲームであるため、4人を識別を行う必要があるが、識別概念には、4つの種類がある。ログインindex、Gameポジション、役割、表示ポジションの4種。

  • ログインindex  :ゲームに参加表明した順に与えられるインデックス。
  • Gameポジション : 仮親になった人を0(東)として、席順(反時計周り)に割り当てられる識別子。  Modelの配列添字やメンバのほとんどは、gposで表される。
  • 役割       :各プレイヤーが、東南西北のどの役割なのか、という概念
  • 表示ポジション  :各プレイヤー毎に、自分の座り位置を0として、考える位置概念

ログインindexは、ゲームへの参加要求順番に割り当てられる。

Login_index

|

« NetJan設計 Modelデータ構成 | トップページ | NetJan設計 Model-識別概念-gpos(ゲームポジション) »

麻雀ゲーム作成」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/440382/27069578

この記事へのトラックバック一覧です: NetJan設計 Model-プレーヤー識別概念について:

« NetJan設計 Modelデータ構成 | トップページ | NetJan設計 Model-識別概念-gpos(ゲームポジション) »