« NetJan設計 model - ゲームサブ状態 | トップページ | NetJan設計 Com - 各Com処理内容 - 2 »

NetJan設計 Com - 各Com処理内容 - 1

各Comコマンドのトリガ条件、Requestコマンドに付加されるデータ、(許可された場合の)サーバでの実行内容、Notifyコマンドに付加されるデータ、クライアントでの実行内容、を表にしたもの。 これら以外に、許可条件があるがこれについては以下表では省略する。

Com_1

Com_Startはサーバへのゲーム参加要求。 サーバから許可通知を受信した場合、受信したloginnames配列と自分のログイン名(myloginname)を比較し、例えば配列のloginnames[3]とmyloginnameが等しい場合、myloginindexは“3”になる。 

次にCom_SeatConfigコマンドにて、席順を決める。 本来は東南西北の牌をそれぞれが引いて決めるが、まずは固定とする。 gpos[0] (サーバ) = 5、gpos[1] (ゲームに最初に参加した人) = 3、gpos[2] = 2、gpos[3] = 1、gpos[4] (ゲームに最後に参加した人) = 0 と割り振る。 あえて参加順序と逆にするのは、そのほうがデバッグがしやすいと考えるから。 ただ、loginindexはゲームが開始されれば、ほとんど意識しない識別概念となる。

この時点でgpos=0の人が仮親なので、Com_DiceSeatで親決める事になる。 サイコロを振る権利の無い人からのコマンドは拒否される。

|

« NetJan設計 model - ゲームサブ状態 | トップページ | NetJan設計 Com - 各Com処理内容 - 2 »

麻雀ゲーム作成」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/440382/27378891

この記事へのトラックバック一覧です: NetJan設計 Com - 各Com処理内容 - 1:

« NetJan設計 model - ゲームサブ状態 | トップページ | NetJan設計 Com - 各Com処理内容 - 2 »