« サーバ構築 LinuxサーバでのEmobileの利用 | トップページ | サーバ構築 Apacheとsubversionの連携設定 »

サーバ構築 Linuxをproxyサーバとして使う

前回記事にて、D02HW を使ってLinuxサーバからネットアクセスできるようにしたので、今度は、ノートPC2つ(Let’sNoteとVaio)から、Linuxをproxyとして使ってネットアクセスできるようにします。

Lan_

まず、/etc/sysconfig/network のゲートウェイを、eth0に設定する。 

GATEWAY=ppp0

yumコマンドで、dhcp, squidをインストール

yum install dhcp

yum install squid

次に、できるPRO Fedora 8 Linux (DVD付) から、NATの設定をコピーし、アクセス制限変更。

mount /dev/cdrom /mnt

cp /mnt/dekiru/ipmasq /etc/rc.d/init.d

chmod 755 /etc/rc.d/init.d/ipmasq

/etc/rc.d/init.d/ipmasq を編集する。 私の自宅の場合、eth0がハブ(ルータ)に繋がってる、イントラネットのデバイスで、ppp0がemobileが繋がってる、外部インターネットへのデバイスなので、下記のように修正

IF_OUT=ppp0

IF_IN=eth0

LOCALNET=192.168.11.0/255.255.255.0

iptables -I RH-Firewall-1-INPUT -i eth0 -o ppp0 -j ACCEPT

iptables -D RH-Firewall-1-INPUT -i eth0 -o ppp0 -j ACCEPT

NATを起動させ、また次回Linux起動時に自動で立ち上がるようにしておきます。

/etc/rc.d/init.d/ipmasq start
chkconfig ipmasq on

次に、DHCPの設定をします。 /etc/dhcpd.conf のモード変更を行い(chmod 644 /etc/dhcpd.conf)、その後下記編集

    subnet 192.168.11.0 netmask 255.255.255.0 {
        range 192.168.11.16 192.168.11.240;
        option broadcast-address 192.168.11.255;
        option routers 192.168.11.100;
        option domain-name "alesi.mydns.jp";
        option domain-name-servers 60.254.193.158;
        option netbios-name-servers 192.168.11.100;
    }

次に、DHCPのデーモンファイルを、できるPRO Fedora 8 Linux (DVD付) からコピー。 その前に現時点のものをバックアップしておく。 

mv /etc/rc.d/init.d/dhcpd /etc/rc.d/init.d/dhcpd.20090102
cp /mnt/dekiru/dhcpd /etc/rc.d/init.d
chmod 755 /etc/rc.d/init.d/dhcpd

/etc/rc.d/init.d/dhcpd を編集し、eth0 をinputとして設定

IF_IN=eth0

DHCPを起動させ、また次回Linux起動時に自動で立ち上がるようにしておきます

/etc/rc.d/init.d/dhcpd start
chkconfig dhcpd on

次に、squidサービス(proxyサービス)を設定していきます。 /etc/squid/squid.conf を編集。  squidサービスは一般的に8080ポートを使うので、8080を設定。

http_port 8080
ftp_user Squid@alesi.mydns.jp
 ※ "acl CONNECT method CONNECT" の上に追加
acl localnet src 192.168.11.0/24 119.72.29.75/29 

 ※ "http_access allow localhost"の下に追加
http_access allow localnet

8080に対して、パケットを受け付けるようにiptableを設定、その後、squidサービスを起動。

iptables -I RH-Firewall-1-INPUT -p tcp -m tcp --dport 8080 -j ACCEPT
/etc/rc.d/init.d/iptables save
/etc/rc.d/init.d/squid start
chkconfig squid on

ここまでで、Linuxサーバ側の設定は完了。 次はノートPC側の設定。

C:\WINDOWS\system32\drivers\etc\hosts ファイルに、"proxy.alesi.mydns.jp"を192.168.11.100 として登録。 

その後、ブラウザにproxy.alesi.mydns.jpを登録する

  • ツール
  • インターネットオプション
  • 接続 タブ
  • LANの設定
  • Proxyサーバのアドレスとポート、に”proxy.alesi.mydns.jp”と”8080”を入力

ノートPCから適当にネットサーフィンしてみる・・・ 成功!

■■■■■■■ 参考図書 ■■■■■■■
できるPRO Fedora 8 Linux (DVD付)
Linuxの仕組み
しっかり学べるUML2.0
元祖 デザインパターン
独習Java
入門Subversion
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

|

« サーバ構築 LinuxサーバでのEmobileの利用 | トップページ | サーバ構築 Apacheとsubversionの連携設定 »

麻雀ゲーム作成」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/440382/26757058

この記事へのトラックバック一覧です: サーバ構築 Linuxをproxyサーバとして使う:

» 自己啓発に役立つ本 [豊かになる書房]
自己啓発に関する本を集めました。 仕事で成果を上げたい、起業して成功したい、人に感謝されながら収入を増やしていきたい、そして、自分自身の人間性も高めたい──。 そんなときに役立つ本を厳選しました。 是非、お役立てください。 自分で奇跡を起こす方法~読むだ..... [続きを読む]

受信: 2009年1月 3日 (土) 11時14分

« サーバ構築 LinuxサーバでのEmobileの利用 | トップページ | サーバ構築 Apacheとsubversionの連携設定 »