« サーバ構築 Subclipseでのtag作成 | トップページ | サーバ構築 webalizerインストール »

Excelで、複数の置換を一度に行う方法 複雑版

以前の記事で、複数文字列置換の数式を作成しましたが、今度は、1つの元文字列内に、2つ置換定義があれば、2つとも置換してくれるものを作成。 例えば、

  • AA ⇒ CC
  • BB ⇒ DD

という置換が必要なら、"AA and BB"⇒ ”CC and DD”となる。

今回はマクロにて提供。 definitionファイルは、置換セットを定義した別ファイルとしました。 replace.xls内、C1に、difinition.xlsへのフルパスを記入したうえで使用、です。

|

« サーバ構築 Subclipseでのtag作成 | トップページ | サーバ構築 webalizerインストール »

On」カテゴリの記事

コメント

素晴らしいマクロの公開ありがとございます。

下記、2点教えて頂きたく書き込み致しました。


【1】定義シート(置き換え前後)、
置換後データが空欄だった場合に
スキップして次の置換を実行させる方法

【2】マクロ最終実行日時の表示方法

投稿: くこ | 2013年3月 2日 (土) 15時45分

■訂正
○置換前データ
×置換後データ

投稿: くこ | 2013年3月 2日 (土) 16時17分

こんにちわ。

"置換前データが空欄だった場合"というのは、
サンプルでいうと、"AAA" の部分が空白だった場合でしょうか?

今の仕組みだと、空白の時点で末尾に来たと認識してしまうので、動きませんので、仕組み自体を変更する必要があります。

投稿: | 2013年3月 9日 (土) 00時59分

マクロ、大変助かりました。ありがとうございました。

投稿: TM | 2013年9月19日 (木) 15時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/440382/26794355

この記事へのトラックバック一覧です: Excelで、複数の置換を一度に行う方法 複雑版:

« サーバ構築 Subclipseでのtag作成 | トップページ | サーバ構築 webalizerインストール »