« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

NetJan設計 Com設計 Part2

麻雀ゲーム、NetJanの設計をようやく再開。 サーバとクライアントの間のコマンドのやりとりについて、Comクラスの送受信で行うが、このクラスの派生クラスをそれぞれ設計していく。

サイコロを振って山を分けるところまでのコマンドについて、完成

Com2

最近迷ってる事があって、これが一通り終わると、大体ゲームの一連の流れの設計ができたことになるけど、あがり判定も設計書に落としてからコーディングすべきか、コーディングの着手を早めるか、どっちにしようか。

■■■■■■■ これまでの作業で読んだ本 ■■■■■■■
できるPRO Fedora 8 Linux 完全活用編(DVD付)
 この本に付属のCDで自作PCにLinuxインストールし、麻雀サーバとして立ち上げました。
その場でつかえるしっかり学べるUML2.0
 UMLとは何か? から説明しています。 わかりやすいのでお勧めです。
オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン
 設計時にデザインパターンを参考にしながら行っているので、辞書的に使ってます
他にもいくつか本を買いましたが、ここまでの過程で必須ではないので割愛します。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

blog

| | コメント (0) | トラックバック (2)

【本読完】なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣

ずっとネット環境が故障していてblog記事書けなかったのですが、ようやく直りました。

たまに見るblogにて、PHPの書籍がネットで見れるようになる事を知りました。 そこで、読み終わってるけどblogにあげてない本の事を思い出しました。

結構お勧めです。

http://blog.zikokeihatu.com/archives/001343.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【読完】ミーティングの英語表現

amazonで買った本が届いた。 丸暗記するつもりはないので、バババッと最後まで読んで、どんな事が載ってるかだけ、把握しておく。  USとの会議に備えて机の上に置いておく予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NetJan設計 Com設計 Part1

Com(コマンド)の処理を決めていく。 ステートチャート図設計時に定めたステートの遷移をたどりつつ、各コマンドで更新するModelも決めていく。

今日はCom_DiceSeatまで完了し、次回はCom_Shuffleから進めていく。

Com_1

■■■■■■■ これまでの作業で読んだ本 ■■■■■■■
できるPRO Fedora 8 Linux 完全活用編(DVD付)
 この本に付属のCDで自作PCにLinuxインストールし、麻雀サーバとして立ち上げました。
その場でつかえるしっかり学べるUML2.0
 UMLとは何か? から説明しています。 わかりやすいのでお勧めです。
オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン
 設計時にデザインパターンを参考にしながら行っているので、辞書的に使ってます
他にもいくつか本を買いましたが、ここまでの過程で必須ではないので割愛します。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【本購入】ミーティングの英語表現

毎週アメリカと電話会議をしており、しかも自分が議長的な役割なのだけど、今までは結構自己流で進めてきた。

せっかくなので、もっと自然な英語表現をマスターしながらミーティングを進めて、今後のためのスキルアップにもしようと思い、ミーティングで使われる英語表現に関する本を買った。

こちらは今読書中の3冊とは別に、仕事机上に置いておき、会議前に少し読もうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本購入検討】成功本50冊「勝ち抜け」案内

昨日、本屋で見かけた本、成功本50冊「勝ち抜け」案内 という本について、買おうかと思ったけどやめておいた。 でも、その後ネット見てると、たまに見てる成功本を紹介してるblog でも紹介してたので、買おうか迷い中。

今は読書中の本が3つあるので、どれかが終わったら、にしようと思う。 3つの本は、寝室、プライベート鞄の中、仕事鞄の中、にそれぞれ置いて平行して読むスタイル。

■読書中

■購入予定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NetJan設計 ここまでの設計書をUP 2回目

設計が進んできたので、今までの設計の記事を再度列挙。  以前設計記事を列挙した記事を一度UPしたけど、それも含める形で列挙。

ここまでの設計書をUP ⇒ 「NetJan_20080202_2005.zip」をダウンロード

■■■■■■■ これまでの作業で読んだ本 ■■■■■■■
できるPRO Fedora 8 Linux 完全活用編(DVD付)
 この本に付属のCDで自作PCにLinuxインストールし、麻雀サーバとして立ち上げました。
その場でつかえるしっかり学べるUML2.0
 UMLとは何か? から説明しています。 わかりやすいのでお勧めです。
オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン
 設計時にデザインパターンを参考にしながら行っているので、辞書的に使ってます
他にもいくつか本を買いましたが、ここまでの過程で必須ではないので割愛します。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ここらへんでレビューしてもらいたいところだけど、1人のプロジェクトなのでできない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NetJan設計 データ設計完了

Excelでのデータ設計が完了した。 大体思いつく限りでは、ここで定義したデータがあれば、ゲームの状態を表せるはず。 あとは微調整レベルくらいで済むはず。

Modelexcel_full

■■■■■■■ これまでの作業で読んだ本 ■■■■■■■
できるPRO Fedora 8 Linux 完全活用編(DVD付)
 この本に付属のCDで自作PCにLinuxインストールし、麻雀サーバとして立ち上げました。
その場でつかえるしっかり学べるUML2.0
 UMLとは何か? から説明しています。 わかりやすいのでお勧めです。
オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン
 設計時にデザインパターンを参考にしながら行っているので、辞書的に使ってます
他にもいくつか本を買いましたが、ここまでの過程で必須ではないので割愛します。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NetJan設計 データ設計(Excel設計書) Part1

各Model派生クラスのメンバについては、Excelのほうが見やすいので、こちらで表すようにする。

Modelexcel1

続き

Modelexcel2_2

ModelBoard については、明日以降に追記予定。

■■■■■■■ これまでの作業で読んだ本 ■■■■■■■
できるPRO Fedora 8 Linux 完全活用編(DVD付)
 この本に付属のCDで自作PCにLinuxインストールし、麻雀サーバとして立ち上げました。
その場でつかえるしっかり学べるUML2.0
 UMLとは何か? から説明しています。 わかりやすいのでお勧めです。
オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン
 設計時にデザインパターンを参考にしながら行っているので、辞書的に使ってます
他にもいくつか本を買いましたが、ここまでの過程で必須ではないので割愛します。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NetJan設計 データ設計(クラス図) Part4

ModelHolder派生クラス、各派生クラスのメソッドを決める。 捨牌、手配、山牌、のそれぞれで、必要なメソッドが少しずつ異なる。

Holder3

■■■■■■■ これまでの作業で読んだ本 ■■■■■■■
できるPRO Fedora 8 Linux 完全活用編(DVD付)
 この本に付属のCDで自作PCにLinuxインストールし、麻雀サーバとして立ち上げました。
その場でつかえるしっかり学べるUML2.0
 UMLとは何か? から説明しています。 わかりやすいのでお勧めです。
オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン
 設計時にデザインパターンを参考にしながら行っているので、辞書的に使ってます
他にもいくつか本を買いましたが、ここまでの過程で必須ではないので割愛します。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

技評の記事で勉強もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »