« 牌画像 牌画像等探し | トップページ | 牌画像 画像の編集 »

牌画像 立ててる時と寝かしてる時の牌の表示のさせ方について

DLしてきた画像ファイルは、縦表示用と横表示用がある。

Hatu_3 Yhatu

ゲームを作成しようとすると、これ以外にも色々なパターンが必要になる。 

  1. 縦の牌を立った状態で表示する場合: 自牌、対面の自牌
  2. 縦の牌を寝た状態で表示する場合: 自分の捨牌、対面の捨牌、上家、下家が鳴いた時(or リーチした場合)の横向けにしてる牌(自分から見ると縦を向く)
  3. 横の牌を寝た状態で表示する場合: 自分、対面が鳴いた時(or リーチした場合)の横向けにしてる牌、上家、下家の捨牌
  4. 横の牌を立った状態で表示する場合: 無し

この4つのパターンに分けられると思う。 この時、DLしてきた画像の横versionは、ゲームにおいては使わない画像になりそう。 逆に必要なパターンが欠けてる事になる。 

そう考えたとき、できれば1つの画像データを元に、全ての必要なパターンの画像を作成すれば楽になると考える。

例えば縦の画像を拡大してみると、”面”部分(共通部分画像)と、立体的に見せる部分(外枠部分画像)に分けて考える事ができる。

■元画像

Hatsu_large_2

■元画像の”面”部分を黒塗りしたもの

Hatsu_large_inside_empty_4

そう考えたとき、この”面”の部分を”共通部分画像と考え、それ以外の部分を”外枠部分画像”とする事により、各パターンで”共通部分画像を流用できるようにしようと思う。

ゲームで遊んじゃうblog で紹介してる麻雀ゲームみたいにリアルには作るのしんどそう。

|

« 牌画像 牌画像等探し | トップページ | 牌画像 画像の編集 »

麻雀ゲーム作成」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/440382/9871539

この記事へのトラックバック一覧です: 牌画像 立ててる時と寝かしてる時の牌の表示のさせ方について:

« 牌画像 牌画像等探し | トップページ | 牌画像 画像の編集 »