« 【読完】その場でつかえるしっかり学べるUML2.0 | トップページ | NetJan設計 タイマーによるCom実行 »

NetJan設計 起動処理の設計

次は起動処理を設計していく。 GUIとCUIの両方で起動できるようにする。 これはmainメソッドを持つStartUpクラスに渡すパラメータにより、どのクラスを生成するかを判断する。

Start_model

Start

■これまでの作業要約
できるPRO Fedora 8 Linux 完全活用編(DVD付) を使って、自作PCにLinuxインストールし、麻雀サーバとして立ち上げました。
今はUMLで麻雀ソフトを設計中です。 UMLに関しては、その場でつかえるしっかり学べるUML2.0を、デザインパターンに関しては、オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン を参考にして進めています。
他にもいくつか本を買いましたが、ここまでの過程で必須ではないので割愛します。

※参考にした記事

|

« 【読完】その場でつかえるしっかり学べるUML2.0 | トップページ | NetJan設計 タイマーによるCom実行 »

麻雀ゲーム作成」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/440382/10057117

この記事へのトラックバック一覧です: NetJan設計 起動処理の設計:

« 【読完】その場でつかえるしっかり学べるUML2.0 | トップページ | NetJan設計 タイマーによるCom実行 »