« NetJan設計 コンポーネント図 | トップページ | NetJan設計 ユースケース図変更に伴う他変更 »

NetJan設計 ユースケース図作成

次にユースケース図を作成する。 ユースケースの大分類として、ゲーム開始/ゲーム中/ゲーム終了の3つを作成。 ゲーム中がダントツで大きい処理にはなるが、取り合えずこの分類で整理してみる。

また、ここで作成したクラスについて再考。 ViewMainがControlMainとやりとりするクラス設計で考えていたが、Viewは抽象化して色々なタイプのUIをサポートしたほうが良いと判断。 なので、ViewMainとControlMainの関係は削除し、代わりにViewIFをインターフェースとして用意。 このIFでControlMain, ModelMainとやりとりする。

Usecase

|

« NetJan設計 コンポーネント図 | トップページ | NetJan設計 ユースケース図変更に伴う他変更 »

麻雀ゲーム作成」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/440382/9955434

この記事へのトラックバック一覧です: NetJan設計 ユースケース図作成:

« NetJan設計 コンポーネント図 | トップページ | NetJan設計 ユースケース図変更に伴う他変更 »