« Java開発環境 eclipseからCVSアクセス | トップページ | Java開発環境 フォルダ構成 »

Java開発環境 Judeインストール

次はeclipseの設定を進めていく。 ソースは自分の指定した場所にしたいので、色々触ってやり方を確認。  どうもその後色々実験してみると、開発環境を共有したらeclipseUMLは使えない、とある (http://www.eclipsewiki.net/eclipse/index.php?EclipseUML

それならeclipseUMLを使うのはやめよう。 ソースと同期が取れるのが魅力的だったけど、cvsを諦めてまでは不要。 やっぱりみんなが使ってるJudeにする。

Jude

ここからJudeCommunityというフリー版を落としてくる。 DLしたファイルは、jude-community-5_1_1-setup.exe (7,546 KB) (Windows インストーラ)推奨

DLしてインストール

UMLの勉強は独習シリーズの本で少しした事があるくらい。 

|

« Java開発環境 eclipseからCVSアクセス | トップページ | Java開発環境 フォルダ構成 »

麻雀ゲーム作成」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/440382/9802395

この記事へのトラックバック一覧です: Java開発環境 Judeインストール:

« Java開発環境 eclipseからCVSアクセス | トップページ | Java開発環境 フォルダ構成 »